HOMEペットの獣医さん > ワクチンについて


  犬の混合ワクチン
  猫の混合ワクチン
  フェレットのワクチン



・犬ジステンバー
・犬伝染性肝炎
・犬アデノウィルス2型感染症
・犬パラインフルエンザ
・犬パルボウィルス感染症
・犬コロナウィルス感染症
 といった6種類のウィルス性感染症。

・犬レプトスピラ感染症
・・・レプトスピラという細菌の感染によるもの。血清型で3種類に分かれる感染症。

以上合計9種類の感染症予防が可能です。
※接種時期は動物病院でご相談ください。
※狂犬病ワクチンは別になります。別に接種が必要になります。

 ワクチン接種前の注意点
・当日、お風呂に入れてから連れて来られるのは避けて下さい。
・体調が気になるときは避けてください。

 ワクチン接種後の注意点
・ワクチン接種後1時間程度はあまり興奮させ過ぎないこと。
・ワクチン接種後2日程度はあまり激しい運動は避けること。
・ワクチン接種後1週間程度は入浴を避けるようにしてあげて下さい。

 ワクチンの持続期間
・ワクチン接種後、免疫力がつくには2〜3週かかるものと思って下さい。
・ワクチンでできた免疫の持続期間は約1年です。

このページのTOPへ


・猫ウィルス性鼻気管炎
・猫カリシウィルス感染症(ウィルス株で3タイプにわかれます)
・猫汎白血球減少症
・猫白血病ウィルス感染症
・猫クラミジア感染症
・猫エイズウィルス感染症

以上合計8種類の感染症予防が可能です。
※接種時期は動物病院でご相談ください。
※猫エイズは人には絶対感染しませんので、ご安心ください。

 ワクチン接種前の注意点
・当日、お風呂に入れてから連れて来られるのは避けて下さい。
・体調が気になるときは避けてください。

 ワクチン接種後の注意点
・ワクチン接種後1時間程度はあまり興奮させ過ぎないよう心がけて下さい。

 ワクチンの持続期間
・ワクチン接種後免疫力がつくには2〜3週かかるものと思って下さい。
・ワクチンでできた免疫の持続期間は約1年です。

このページのTOPへ


フェレットは犬ジステンバーウィルスに対する予防接種が必要となります。詳しくは、動物病院にてご相談されることをお勧めします。
※接種時期は動物病院でご相談ください。

 ワクチン接種前の注意点
・当日、お風呂に入れてから連れて来られるのは避けて下さい。
・体調が気になるときは避けてください。

 ワクチン接種後の注意点
ワクチン接種後30分〜1時間は決して目を離さないように心がけて下さい。

 ワクチンの持続期間
ワクチンでできた免疫の持続期間は約1年です。


海外にペットを連れて行かれる方はこちら
このページのTOPへ

 ホームペットの獣医さん牛・馬・豚・鶏の獣医さんヒトの健康を守る獣医さん狂犬病について
 海外へ動物をつれて行かれる方へ獣医さんになるには野鳥・野生動物を見かけたら新聞掲載記事
 関連機関・リンク会員専用ページ富山県獣医師会について

 公益社団法人富山県獣医師会 〒 930-0901 富山市手屋3丁目10番15号県獣医畜産会館1階 TEL 076-451-0120

 Copyrights (C) 2010 Toyama Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.
HOME お問い合わせ リンク LOGIN 公益社団法人富山県獣医師会 人の健康を守る獣医さん 牛・馬・豚・鶏の獣医さん ペットの獣医さん