わんこ・にゃんことの生活

(医学的な内容は、動物病院でご相談ください)

わんこ・にゃんこの平均寿命

日本で飼育されているイヌとネコの平均寿命は、2014年の時点で、それぞれ、13.2歳と11.9歳でした。
これは、東京農工大学と日本小動物獣医師会の調査による、あくまでも統計学的な数字です。
このような調査は1990年、94年、02年、14年と、これまでに4回しかおこなっておりません。
イヌは前回の調査では11.9歳、その前は9歳前後だったそうです。
ネコは前回の調査では9.9歳、その前は5歳前後だったそうです。(ここにはノラ猫は含みません)
それぞれ長生きになりましたね。
フィラリア症の予防などがちゃんとされていることや、ネコも室内飼いするようになったことが要因のひとつでしょうね。

戻る矢印戻る


 ホームペットの獣医さん牛・馬・豚・鶏の獣医さんヒトの健康を守る獣医さん狂犬病について
 海外へ動物をつれて行かれる方へ獣医さんになるには野鳥・野生動物を見かけたら新聞掲載記事
 関連機関・リンク会員専用ページ富山県獣医師会について

 公益社団法人富山県獣医師会 〒 930-0901 富山市手屋3丁目10番15号県獣医畜産会館1階 TEL 076-451-0120

 Copyrights (C) 2010 Toyama Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.
HOME お問い合わせ リンク LOGIN 公益社団法人富山県獣医師会 人の健康を守る獣医さん 牛・馬・豚・鶏の獣医さん ペットの獣医さん