産業動物
産業動物とは畜産業に関わる動物のことをいい、その対象は牛・馬・豚・鶏が主な動物になります。産業動物医師は、これらの家畜の診療と病気の予防、飼養衛生管理の指導など多岐にわたる分野で仕事をしており、産業動物の健康を守ることを通して畜産農家の経営支援、安全・安心な畜産物の生産支援、ひいては人間の健康維持にも関わっています。

 産業動物に関わる獣医師の職種と仕事内容
(1)家畜診療分野
家畜衛生は、県の機関である家畜保健衛生所が県内2ヶ所あり、そこでは県職員の獣医師が産業動物を病気から守っています。
産業動物は、細菌やウィルスにより様々な病気にかかります。中でも「口蹄疫」や「高病原性鳥インフルエンザ」等一度発生すると多大な被害を及ぼす「家畜伝染病」の監視や侵入防止に力を入れています。加えて、生産性を阻害するいわゆる慢性疾病の対策にも取り組んでいます。
また、牛乳・肉・卵などの畜産物の安全性確保に関する調査・検査・生産技術指導等も行っています。
(県内の家畜診療所)
@ 農業共済組合関連家畜診療所(2ヶ所)
A 市町村家畜診療所(1ヶ所)
B 個人開業家畜診療所(13ヶ所)
(2)家畜衛生分野
家畜衛生は、県の機関である家畜保健衛生所が県内2ヶ所あり、そこでは県職員の獣医師が産業動物を病気から守っています。 産業動物は、細菌やウィルスにより様々な病気にかかります。中でも「口蹄疫」や「高病原性鳥インフルエンザ」等一度発生すると多大な被害を及ぼす「家畜伝染病」の監視や侵入防止に力を入れています。加えて、生産性を阻害するいわゆる慢性疾病の対策にも取り組んでいます。 また、牛乳・肉・卵などの畜産物の安全性確保に関する調査・検査・生産技術指導等も行っています

家畜の衛生分野 詳細
口蹄疫について
高病原性鳥インフルエンザについて
富山県東部家畜保健衛生所のページへ
富山県西部家畜保健衛生所のページへ
(3)家畜の研究・改良・生産分野
農林水産総合技術センター畜産研究所では、牛や豚の様々な研究と優良な家畜の増産のための改良に取り組んでいます。牛の研究では、受精卵生産技術や子牛の哺育改良技術の確立に、豚の研究では大ヨークシャー種の改良やSPF(特定病原菌不在)化などに研究員である獣医師が取り組んでいます。

農林水産総合技術センター畜産研究所のページへ
(4)畜産の振興行政分野
富山県庁農業技術課畜産振興班では、家畜の改良増殖、畜産経営の改善及び環境整備、飼料増産及び家畜衛生の向上に関することなど畜産振興のための様々な施策の立案や実施を行っています。
このページのTOPへ

 ホームペットの獣医さん牛・馬・豚・鶏の獣医さんヒトの健康を守る獣医さん狂犬病について
 海外へ動物をつれて行かれる方へ獣医さんになるには野鳥・野生動物を見かけたら新聞掲載記事
 関連機関・リンク会員専用ページ富山県獣医師会について

 公益社団法人富山県獣医師会 〒 930-0901 富山市手屋3丁目10番15号県獣医畜産会館1階 TEL 076-451-0120

 Copyrights (C) 2010 Toyama Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.
HOME お問い合わせ リンク LOGIN 公益社団法人富山県獣医師会 人の健康を守る獣医さん 牛・馬・豚・鶏の獣医さん ペットの獣医さん