〇令和元年6月19日に「動物愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」が公布され、今年施行されました。

その中で、マイクロチップの義務化がなされました。
・犬猫の販売業者(ブリーダー、ペットショップ等)は義務。
・犬又は猫を取得した日(生後90日以内の犬猫を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日を経過する日までに装着。
・装着後30日以内に登録、変更した場合、変更届をすること。
・狂犬病予防法とワンストップ化。
・指定登録機関の選定。

〇マイクロチップの装着は、災害時に限りませんが、散歩中や、事故、盗難等何らかの理由で飼い主と余儀なく離れることがあります。

このような迷子になった犬猫を飼い主のもとへ確実に返すための一助として役立っています。
県獣医師会所属の動物病院にて装着や登録、確認ができます。
飼い主の皆さんには、装着後必ず登録をお願いします。


ロチップを入いますか?」のページへ
環境省/動物の愛護と適切な管理「マイクロチップを入れていますか?」のページへvet_11


 ホームペットの獣医さん牛・馬・豚・鶏の獣医さんヒトの健康を守る獣医さん狂犬病について
 海外へ動物をつれて行かれる方へ獣医さんになるには野鳥・野生動物を見かけたら新聞掲載記事
 関連機関・リンク会員専用ページ富山県獣医師会について

 公益社団法人富山県獣医師会 〒 930-0901 富山市手屋3丁目10番15号県獣医畜産会館1階 TEL 076-451-0120

 Copyrights (C) 2010 Toyama Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.
HOME お問い合わせ リンク LOGIN 公益社団法人富山県獣医師会 info@toyamavet.or.jp 人の健康を守る獣医さん 牛・馬・豚・鶏の獣医さん ペットの獣医さん